中文熟考

中日翻訳者が綴る日々の記録

時間を巡る不思議な台湾ラブストーリー「1秒先の彼女」

2020年の金馬奨(中華圏最大の映画祭)で5部門に輝いたという台湾映画『1秒先の彼女(消失的情人節)』がアマプラで見られるようになっていたので鑑賞。岡田将生さん主演でリメイクされた日本版にあわせて、おすすめに上がってきたらしい。ちなみにリメイク版には『青春18×2』の清原果耶さんも出演されています。

台湾映画はホラーとか教育虐待っぽい話とか、ちょっと暗いテーマのものが話題になることが多くて、そんな中キービジュルアルからしてかわいいこの作品は気になっていました。

『1秒先の彼女』 ちなみに原題を直訳すると「消えたバレンタインデー」

あらすじ

郵便局で働く30歳の楊曉淇(ヤン・シャオチー)は、ある日ダンスインストラクターの劉文森(リウ・ウェンシェン)と出会い、一緒にバレンタインデーのイベントに参加することになる。恋人と過ごすバレンタインを前に浮かれる曉淇だったが、当日バスに乗ってイベント会場に向かっていたはずが、自宅のベッドで目覚めて呆然とする。どうやらすでにバレンタインデーは終わっているらしく、なぜか全身日焼けしている曉淇。楽しみにしていたバレンタインデーがなぜ消えてしまったのか。戸惑う曉淇は一枚の写真から、意外な真相にたどり着く。

感想

「バレンタインがなくなった」と警察に飛び込む冒頭から、「何をやるにも人より早い」という曉淇のペースでストーリーが進んでいくので、「いったい何が起きたの?」というミステリへの興味とともに、どんどん物語に引き込まれました。

前半のめまぐるしい展開から、後半はもう一人の主役、「何をやるにも人より遅い」という阿泰のゆったりした時間の流れに切り替わり、ロードムービーのように「空白の1日」を追体験していきます。この辺の緩急は実に心地よかったです。

せっかちな曉淇とのんびり屋の阿泰が、周回遅れのように出会うラストシーンもなかなかグッときましたし、テーマである“時間”についても考えさせられる作品となりました。

“時短”という言葉もあるように、「人より早い」曉淇のほうが時間を節約していると思っていたのですが、「人より遅い」阿泰のほうが時間を“貯蓄”できていたというのは、私にとってなかなか興味深かったです。

辛い過去を持ちながら、一瞬一瞬を大切にカメラに収めていく阿泰の姿は、ゆっくりと生きている人の姿をよく表していて、先を見て時短するのも大事だけど、結局は一歩一歩進んできた道しか「人生」と呼べるものはないのかもしれないな、なんて考えたりしました。

いろんな意味で「自分を大切にしよう」と思える映画なんじゃないかと思います。